命令

デジタルネイティブの子どもたち:安全に教育するための5つのポイント

私たちは今、生まれたばかりの子どもたちを「デジタルネイティブ」と呼ぶまでになりました。つまり、テクノロジーによって深く蝕まれた世界に生まれたのです。このような子どもたちは、人生の最も早い時期から、携帯電話、タブレット、ビデオゲーム、チャットルームなどに必然的に直面することになります。これは必ずしも悪いことではなく、テクノロジーは人類史上かつてないほどの驚異的な学習手段となっていますが、もちろんメリットと同時にリスクもあります。

ある程度の年齢でこれらのメディアに親しんできた人たちは、ネットやそれ以外の脅威から身を守る方法を、時間をかけて失敗しながら学んできましたが、子どもにはそうしたフィルターがないので、守るのは親の役目です。

テクノロジーやインターネットとの正しい関係を教えることが重要で、そのための方法があり、それも非常に簡単なものです。もし、お子さんに注意深く、責任を持ってテクノロジーを使うことを教えるにはどうしたらいいかわからない場合は、私たちのアドバイスを参考にしてみてください。

Freepik
デジタルネイティブの子どもたち:安全に教育するための5つのポイント
私たちは今、生まれたばかりの子供たちを「デジタルネイティブ」と呼ぶようになりました。つまり、テクノロジーに深く侵された世界に生まれたのです。これは必ずしも悪いことではなく、テクノロジーは人類史上類を見ない驚異的な学習手段でもありますが、もちろんメリットとともにリスクもあります。ある年齢でこうしたメディアに親しんできた人たちは、ネットやそれ以外の脅威から身を守る方法を、時間をかけて、失敗しながら学んできました。 しかし、子どもたちにはそうしたフィルターがないので、守るのは親です。 テクノロジーやインターネットとの正しい関係を教えることが重要で、その方法はとてもシンプルです。もし、お子さんに注意深く、責任を持ってテクノロジーを使うことを教えるにはどうしたらいいかわからない場合は、私たちのアドバイスを参考にしてみてください。
Freepik
家庭でのデジタル教育が重要
テクノロジー、特にインターネットに初めて触れるときは、親の監視の下で行わなければなりません。親は、ネットサーフィンの基本、機会、特に危険性について詳しく説明し、見せなければなりません。幼い子どもにPCやタブレット、携帯電話を一人で持たせてはいけません。同時に、子供たちの境界線を尊重し、自律的にメディアを使用することを教えることが重要です。
Freepik
オンライン活動についての話
これは基本的なステップであり、オンラインの危険から子どもたちを守るために不可欠な方法です。自分の経験、ウェブで訪れたサイト、活動などについて話しましょう。体験談を話すことは、子どもにも親にも、自分がネット上で何をしたかを気づかせることになるので、とても重要です。また、インターネットを利用しているときの感情について話すように促すことで、自分の行動に気づくことができ、特定のサイトを避けたり、他のサイトを探したりするように教育することができます。
Freepik
分かち合いの瞬間を創る
また、一緒にオンラインを利用する時間も大切です。もちろん、その逆よりも、親が子どもの興味に寄り添う方が簡単です。アプリやゲームを勧めたり、一緒に動画を見たり、コツや秘訣を教え合ったり。そうすることで、子どもはネット上での活動に困惑しなくなり、また、あなたが頼まなくても、子どもはあなたにそれを教えてくれるようになります。
Freepik
テクノロジーフリーな時間をつくる
ここで、この問題は2つに分けなければなりません。まず重要なのは、他のことをしている間、子供たちを一人にしてタブレットなどで遊ばせておかないことです。これは最も間違った、教育上好ましくないことの一つです。その代わりに、家族全員で、他の活動を企画しましょう。そうすれば、幼い子どもや成長過程にある子どもは、現代では残念ながら失われつつある、家庭生活への関与をより強く感じることができるはずです。また、テクノロジーの使用についてルールを決めることも重要です。食事中の食卓では携帯などを使わない、一定時間が過ぎたらそれらを使わないなど、境界線を設定することが有効です。そうすることで、まず中毒を避けることができ、また親からのルールや制限を尊重することを学ぶことができます。要するに、すべてにおいて得をするのです。
Freepik
一定年齢までのペアレンタルコントロールは必須です
特に、何でもかんでも今すぐ欲しいという現代の世代にとっては、少し圧迫感を感じるかもしれませんが、ある年齢までは、ペアレンタルコントロールは基本です。なぜなら、保護者は子どものネット上での活動を監視し、特定の危険なサイトへのアクセスを防ぐことの両方ができるからです。また、デバイスに使用時間を設定し、子供が一日中デバイスを使うことを防ぐことも可能です。
アートギャラリー プライベートコレクション
12/04/2024
アートギャラリー プライベートコレクション
11/04/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.