ビデオゲーム

ロックスター:GTA VIは最終的に20億ドルかかる可能性

ロックスターが『グランド・セフト・オート』シリーズの新たな1章となる『GTA V』を発売したのは2013年のことで、今から10年前になる。GTA Vは、3つの異なるゲーム機(PS3、PS4、PS5)の間を行き来しながら、シリーズで最も成功を収めた作品となった。

GTA Vはオンライン版で何百万人ものファンを魅了し続けているが、ファンは今、次の章をプレイしたがっており、ここ数カ月に発表されたリーク情報によれば、それはセンセーショナルなものになるはずだ。

アナリストたちは発売時の販売本数を1400万本と予想しているが、噂では最近、このゲームを完成させるためにプロデューサーたちがどれだけの費用を費やすのかも明らかになっている。

Getty Images
世界中のファンがGTA VIを待ち望む
全世界が今、『グランド・セフト・オート』シリーズの最新作『GTA VI』のプレイを心待ちにしている。現時点では、ロックスターはまだこのタイトルについて何の声明も出しておらず、ゲームのロゴのアイデアでさえ、最終的にどのようなものになるかわかっていない。
Getty Images
GTA Vの時代
ロックスターが『グランド・セフト・オート』シリーズの新たな1章となる『GTA V』を発売したのは2013年のことで、今から10年前になる。GTA Vは、3つの異なるゲーム機(PS3、PS4、PS5)の間を行き来しながら、シリーズで最も成功を収めた作品となった。GTA Vはオンライン版で何百万人ものファンを魅了し続けているが、ファンは今、次の章をプレイすることを熱望しており、ここ数カ月に発表されたリーク情報によれば、それはセンセーショナルなものになるはずだ。
Di Take-Two Interactive - https://www.rockstargames.com/careers/openings, Pubblico dominio, https://
2014年から開発中のGTA VI
5月に出た報道によると、このゲームは2014年から開発が進められており、再びバイスシティが舞台となるようだ。しかしロックスターは、このゲームがどのような内容になるのかについて、まだ何らかの内容や発表を発表しておらず、今のところわかっているのは、過去数年間に多かれ少なかれ確認されたリーク情報だけだ。
By Rockstar Games Art designer - Rockstar Games, CC BY-SA 4.0, https://commons.wikimedia.org/w/index
史上最も高価な娯楽商品
『Rino』や『Game Riot』といった一部のインサイダーのツイッター・プロフィールでは、このゲームの制作費は総額約20億ドルで、史上最も高額なエンターテインメント商品(したがって、映画、ビデオ、ショー、コンサートなどを含む)になると主張している。しかし、アナリストの予測によれば、このゲームは発売時に1400万本ほど売れるとの予想で、制作費もそれほど心配する必要はなさそうだ。
Getty Images
GTA VおよびRDR 2との比較
他の大成功を収めたロックスターのゲームと比較するだけでも、『GTA V』は「わずか」2億5000万ドル、2018年にリリースされた『リード・デッド・リデンプション2』は5億ドル以上かかっているが、マーケティングも考慮に入れている。
アートギャラリー プライベートコレクション
23/05/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.