健康と安全

子供が人見知りを克服する方法:心配な親のためのヒント

あなたのお子さんは、他の子供と友達になるのが難しかったり、知らない人に会うとあなたの後ろに隠れてしまったりしませんか?子どもの内気さは、障害ではなく、単に性格の一面であり、あまり心配する必要はありません。

心理学者は、子どもの内気と心理的苦痛を関連付けていませんし、社会的な機能が損なわれるものでもありません。必要なのは、少しの忍耐と少しの手助けだけで、ほとんどの場合、すべてがうまくいくものです。

いずれにせよ、心配を解消するために、もっと詳しく知り、お子さんが他人と関わる際に役立つヒントを発見してみるのもよいかもしれません。

Freepik
子供の人見知りを克服する方法:心配な親のためのヒント
あなたのお子さんは、他の子供となかなか友達になれなかったり、知らない人に会うとあなたの後ろに隠れてしまったりしませんか?子どもの内気さは、障害ではなく、単にその子の性格の一面であり、あまり心配する必要はありません。心理学者たちは、子どもの内気と心理的な苦痛を関連付けていませんし、社会的な機能を損なうようなものでもありません。必要なのは、少しの忍耐と少しの手助けだけで、ほとんどの場合、すべてがうまくいくでしょう。いずれにせよ、心配を解消するために、もっと詳しく知り、お子さんが他人と関わる際に役立つヒントを発見してみるのもよいかもしれません。
Freepik
人見知りは障害ではありません、そのように扱うのはやめましょう
心理学者は、この点について非常に明確に言う傾向があります。内気さは病理や障害ではないので、そのように扱うべきではありません。実際、内気であることは、その人の性格の一面に過ぎず、より存在感がある場合もあればない場合もあり、長い目で見れば、社会的機能の問題につながることはなく、成長とともに消えていくことが多いのです。
Freepik
人見知りと選択的緘黙症の見分け方
人見知りもそうですが、選択性緘黙症はまったく違います。他人と関わるのが苦手なのは当たり前ですが、何事にも限度というものがあります。注意しなければならないのは、家では外向的でおしゃべりなのに、知らない人やクラスメート、遊び仲間との付き合いでは固まって黙ってしまうという問題です。これは、文字通り不安で言葉が詰まってしまう、本物の障害です。もうひとつのサインは、突然の人見知りです。いつも外向的だったお子さんが、突然自分の中に引きこもって黙り込んでしまったら、親御さんは問題の原因を理解するために行動する必要があります。
Freepik
親はまず、このような性格の面を受け入れることが大切です
お子さまの人見知りを克服させたいのであれば、まず、そのことを受け入れ、認めることが大切です。そして、人見知りを病的な問題ととらえるのをやめ、人見知り以外のさまざまな良い面に目を向け、伸ばしてあげることです。
Freepik
子どもは安心感によく反応する
安心感と忍耐は、しばしば勝利の武器となり得ます。子供がやりたくないことは、義務でも強制でもないことを理解させることが必要です(少なくともこの状況では)。例えば、誕生日会に参加している場合、本人がその気になるまで他の子供たちと遊ぶ必要はないことを説明するようにします。
Freepik
活動を避けることで、活動そのものへの恐怖が増す
内気で、他人との関わり方に問題がある子どもの場合、孤立させず、保護され、コントロールされた社会的な場面に触れさせることが非常に重要です。もし子どもが内気で、他人との関わりを避けたいのであれば、甘やかすのではなく、冷静かつ合理的に、自分を出して内気さを克服しようとする場面に触れさせなければなりません。もちろん、無理強いすることなく、です。
Freepik
人前でレッテルを貼らない
もし、お子さんが他の大人や友人と接するのが難しい場合、その行動に対して謝るべきではありません。「ごめんなさいね、シャイなんです」などと言うと、お子さんは自分が悪いと思うだけで、実際は他の人より繊細な性格を隠しているだけかもしれません。もし言葉で挨拶するのが嫌なら、「ジェスチャーや笑顔で挨拶すればいいんだよ」と説明したり、「挨拶しなくてもいいんだよ」と強調しながら、挨拶をするように促したりするのがよいでしょう。これも、たいていの場合、時間が解決してくれます。
Freepik
やりたくないことを無理にやらせない
子どもは親の鏡になってはいけない。もしあなたがおしゃべりなら、子どもは必ずしもあなたのようになる必要はありませんから、その意味で、あまり強制してはいけません。その代わり、自分がどう感じているか、自分の気持ち、ある状況下で何が不快に感じるかについて話すように誘いましょう。そうすることで、自分の不快感を言葉で表現することもでき、その結果、さらに理解が深まるでしょう。
Freepik
褒めることで安心感が増す
褒めることは、子どもの自尊心を高め、人間関係を円滑にします。だから、あなたが彼を誇りに思っていることを伝える機会を逃さないでください。そして、彼が今までやったことのないことをする力を見つけたとき、彼を褒めてください。
Freepik
スポーツは体に良いが、ある条件下では
チームスポーツは社交性を育むとよく言われます。しかし、サッカーやバスケットボールをしたことがある人なら、必ずしもそうではないことをご存じでしょう。特に男子の場合、ロッカールームの環境はむごく競争的で、チーム内で小さなグループが形成されることが多いので、注意が必要です。一番大切なのは、押し付けることなく、子供と一緒に行うスポーツを選ぶことです。また、試合中も一緒にいることで安心させてあげたり、他の子どもたちと仲良くなってから活動を始めるのもよいでしょう。
Freepik
スモールステップで進める
人見知りの克服は、当然ながら一歩一歩の積み重ねです。お友達を家に呼んで遊びたいけど、一人しか呼べない。次は2人、3人......と。このように複雑な状況ですが、心配する必要はありません。大切なのは、お子さまが安心して過ごせるようにすること、そして個人の時間を尊重することです。
ハリウッドニュース
24/04/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.